子供の紫外線ケア


紫外線ケアは大人だけではなく、子供にも必要です。日本には子供は日に焼けた黒い肌のほうが、健康的という意識があります。
未だにこのように思っている人も少なくないため、子供の紫外線ケアをしないという人も多いと言われます。しかし、幼少期に多くの紫外線を皮膚に受けていると、成人してから皮膚ガンや白内障などの病気にかかりやすいといいます。
多くの人が白内障や皮膚がんに悩まされがちなオーストラリアやアメリカでは、子供が小さなころから紫外線へのケアに気を配っています。実際のところ、幼少期から日焼けをする時には紫外線ケアをきちんと行う必要があります。紫外線を防ぐパーカーや帽子、サングラスを用意したり、日焼け止めを体に塗ってから外に出かけるようにするのは、むしろ大人が注意をすべきことです。子供の皮膚は、大人よりもずっと繊細です。
子供には子供に適した日焼け止めクリームがあります。どうしてもという時は肌への刺激がマイルドなものを選びます。できるだけ子供用のものを選ぶと良いでしょう。日焼け止めクリームをつけた日は、帰宅後によく体を洗って、日焼け止めを洗い流して下さい。紫外線ケアの後肌に残った日焼け止めの成分が原因で、皮膚に炎症を起こす等の肌トラブルが発生する事もあるので注意が必要です。






海外では子供が小さなころから紫外線へのケアに気を配るのは当たり前